活動内容のページへ English

JST 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「タフ・ロボティクス・チャレンジ」(2014〜2018年度)

革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)とは、実現すれば産業や社会のあり方に大きな変革をもたらす革新的な科学技術イノベーションの創出を目指し、ハイリスク・ハイインパクトな挑戦的研究開発を推進することを目的として創設された、(独)科学技術振興機構機構(JST)のプログラムです。未知で状況が刻一刻と変化する屋外の極限災害環境でも、タフでへこたれず、しっかり仕事をする遠隔自律ロボットを実現することを目的とした、「タフ・ロボティクス・チャレンジ」において、IRSは、研究開発課題として「フィールド性能評価試験、実証実験に関する研究」を担当します。

ImPACT「タフ・ロボティクス・チャレンジ」

   

 

copyright