活動内容のページへ English

NEDO 戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト(2006-2011年度)

先端的なロボットシステムと要素技術の開発を推進する、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクト。国際レスキューシステム研究機構は、V特殊環境用ロボット分野の「被災構造物内移動RTシステム」において、プラント事故、NBCテロ、ガス漏れ等の災害現場を想定し、人間が入るには危険な現場で迅速に情報を収集するための複数移動体RTシステムの研究開発を行いました。
開発したロボットの1つである「Quince」は、開発期間終了後、福島第一原子力発電所の原発建屋内での調査・モニタリングに実際に使用されました。

Report (J)

copyright