活動内容のページへ English

資源エネルギー庁 発電用原子炉等廃炉・安全技術基盤整備事業(2013〜2014年度)

災害等で作業員の立ち入りが困難となった配管等が入り組んだ電波の届かない空間において、遠隔操作により構造物内の状況を調査することが可能となる危機の遠隔基盤技術の開発ならびに国内外の将来の原子力施設の廃止措置や安全基盤の強化等にも広く役立つ知見・技術を得ることを目的とした、資源エネルギー庁のプロジェクト。

   

 

copyright